敬老の日のギフト選びは慎重に|メッセージカードを付けると良し

プレゼント

相手に合わせよう

内祝い

子どもが生まれたときに家族や親戚などに出産内祝いを贈ります。しかし、何でも贈っていいかというとそうではありません。なので、贈ったときに最低でも相手を不快な気持ちにさせないようなものを贈るようにしましょう。まず、出産内祝いをもらったときに不快な気持ちになった理由が金額や届け方などが挙げられます。そのなかでもやはりお金関係が不快にさせてしまう主な原因のひとつです。自分が贈ったものよりも金額の高いものを頂いたときに不快になってしまう人が多いです。逆に自分が贈ったものより遥かに安いものを頂いても不快にさせてしまいます。例えば、贈ったものの金額の3割程度のものだと不快になるので、相場としては相手からもらったものの半額程度のものを贈るといいでしょう。次に届け方ですが、出産内祝いにメッセージカードが入っていなかったり、しっかりと包装されていない状態で届いたときに失礼だと感じる人が多いです。カードやのしがなかったら何の贈りものなのかわからないので、最低限のマナーとしてメッセージカードやのしを付けるようにしてください。
もらって困るもの人によってはあるでしょう。それは、まったく興味のないものだったり好きではないものです。しっかりと相手の趣味や好むものに合わせて出産内祝いを贈るようにします。また、生まれた子どもの名前や体重などが入ったタオルなども困ってしまいます。出産内祝いを贈るときにはマナーを守って相手に合わせたもの、贈る時期などを考えて贈りましょう。