敬老の日のギフト選びは慎重に|メッセージカードを付けると良し

プレゼント

内祝いの意味

ギフト

念願の一軒家を建てたときに身内や職場の人からお祝いをいただくはずですが、そのお返しとして新築内祝いを贈ることになります。新築内祝いを贈るのは新築の家に住み始めて1か月後が目安になりますが、郵便などでお祝いをもらったときには受け取った当日または翌日までに連絡するのが常識ですので、遅れないように気をつけます。新築内祝いの品を選ぶときに金額が気になりますが、出産内祝いなどの内祝いと同じようにいただいた品の金額の3割から5割が相場になっているので、あまりにも高すぎたり安すぎたりしないようにしましょう。内祝いを贈るとき、水引は紅白か金銀の蝶結びで贈るようにします。水引には種類がありますが、蝶結びは出産など何回あっても祝いたいもののときに使われており、結びきりは逆に1度だけがいい結婚祝いなどのときに使われています。
内祝いというのはお返しという意味はないので、メッセージカードなどにお返しという言葉を入れないようにしてください。新築内祝いの品として選ばれているのはタオルやお菓子の詰め合わせなど、どの人がもらっても困らないものが多いです。最近ではギフトカタログも選ばれるようになっているので、どれがいいか悩む時間を省くことができます。そもそもの内祝いというのが、良いことを分けるという意味があります。なので、新築の家でみなさんを招待して食事をご馳走してもいいです。新築内祝いの品を贈るときは失礼のないように気をつけましょう。